mark-manual

ベアリングの取付けが終わったら、正常に取付けられているかを確認するために運転検査を行います。

手回し検査と試運転

小形の機械装置やベアリング部分だけを簡単に回転できるものは、まず手回しでベアリングが円滑に回転するかどうかを確かめる。手にひっかかりを感じたり、回転が重過ぎたり、回転にむらがあってはならない。異常がなければ動力による試運転を行う。 大形の機械装置では、無負荷で始動し直ちにスイッチを切って惰走運転を行う。振動・音響などに異常がないことを確認してから動力運転に入る。 動力運転は、無負荷で始動し徐々に回転を上げ、所定の負荷をゆっくりかける。運転によりベアリングの温度は徐々に上昇し、一般的には1~2時間後に一定となる。ベアリングや取付けに不具合があれば、温度が安定せずに上昇し続け、異常な高温になることがある。

ベアリングの異常な運転状態とその原因・対策

運転状態
原因
対策
騒音がする 高い金属的な音 異常な荷重がかかっている ●はめあいを修正する
●ベアリングのすきまを検討する
●ハウジングの肩の位置などを修正する
●予圧を調整し直す
取付け状態が悪い ●シャフト・ハウジングの加工精度不良を直す
●ベアリングの取付け精度を良くする
潤滑剤の不足や不適 ●潤滑剤を補給する
●適正な潤滑剤に取替える
回転部品の接触 ●ラビリンス部分などの接触を直す
規則的な音 軌道面に圧こん・キズなどがある ●ベアリングを交換する
軌道面にはく離が生じている ●ベアリングを交換する
不規則な音 ベアリングのすきまが大き過ぎる ●適切なすきまのベアリングに取替える
●すきまを調整し直す
ベアリングに異物が侵入 ●ベアリングを洗浄又は交換
●関係部品を洗浄する
●密封装置を改善する
●きれいな潤滑剤に取替える
ボールにキズ・はく離が生じている ●ベアリングを交換する
異常な温度上昇がある 潤滑剤が多過ぎる ●潤滑剤の量を減らす
潤滑剤の不足や不適 ●潤滑剤を補給する
●適正な潤滑剤に取替える
異常な荷重がかかっている ●はめあいを修正する
●ベアリングのすきまを検討する
●ハウジングの肩の位置などを修正する
●予圧を調整し直す
取付け状態が悪い ●シャフト・ハウジングの加工精度不良を直す
●ベアリングの取付け精度を良くする
はめあい面がクリープしている密封部分がきつ過ぎる ●ベアリングを交換する
●はめあいを再検討する
●密封装置を改善する
振動が大きい 軌道面やボールに圧こん・はく離が生じている ●ベアリングを交換する
取付け状態が悪い ●シャフト・ハウジングの肩の直角度や間座側面の直角度を修正する
●ベアリングの取付け精度を良くする
ベアリングに異物が侵入 ●ベアリングを洗浄又は交換
●関係部品を洗浄する
●密封装置を改善する
●きれいな潤滑剤に取替える